• Baroque Violinist

    Setsuko Sugita
    杉田せつ子

  • Ancient Baroque instruments ... What is Ancient ?

    What are the differences between a baroque violin and an ordinary violin?

    普通のヴァイオリンとバロック・ヴァイオリンの違いって何?

    Sound of Nature...

        

     

     

    バロック・ヴァイオリン

    いにしえからの自然の響き

     

    アントニオ・ストラディヴァリやグァルネリ・デル・ジェズなど

    現代に名高いヴァイオリンが多く制作された

    その当時のしつらえのままのヴァイオリン

    それが バロック・ヴァイオリンです。

     

    いにしえのヴァイオリンの響きは

    現在と少し違っていました

     

    楽器のネック(棹)は、現代よりも1cmほど短く本体と平行につけられ

     

    内部の丸い力木は短く

    直径もわずかに大きく

     

    弦を頂く駒は、厚みのある低いものでした。

     

    そんなわけですから

    見た目に さほどの違いはありません

     

    響きは違っても

    一見、現代のヴァイオリンとさほど変わりが無いのです

     

    ところが

    響きが異なるだけでは無く

     

    演奏する身体の感覚にこそまた

    大きな違いがあるのです。

     

    ......

     

    歌手にとっての喉にも例えられる

    弦のこと

     

    いにしえと同じ

     

     

    羊の腸を使い多くはイタリアの職人の手で作られた

    金属の巻かれていない

    半透明なガット弦

     

     

    戦後期いっ時そうであったように

    日に幾度も切れてしまうなどということは

    もはやありません

     

    とても丈夫で良質なナチュラル・ガット弦

     

    その弦を張って

     

    求める表現や作品の時代背景に合わせ

    弓のスタイルもさらに選んで 演奏します。

     

     

     

    演奏中のその感触の違いを例えるならば?

     

    現代のヴァイオリンは

    アスファルトの道をハイヒールで颯爽と

     

     

    バロック・ヴァイオリンは

    芝生の上を素足で

     

     

    どちらもそれぞれ魅力的です

     

    大切なのは

    自らが そのとき 「選ぶ」ことなのだと思います。

     

     

    違いが判らない?

     

    決してそんなことはありません

     

    同時に聴き比べるならば

    100人が100人判る違いがそこにはあります。

     

    ぜひいつか

    ご自分の耳で

    確かめてください

     

     

     

    柔らかな身体で柔らかな表現を

    張りつめた身体で緊張の表現を

     

    悲しみに満ちた身体で悲しい歌を

    喜びに溢れる身体で喜びの歌を

     

    いにしえのヴァイオリンは

    繊細な感度を備え

    しなやかに人間の心と身体に寄り添い

     

    それを歌にして
    その歌を心に届ける

     

    そんな楽器でした。

     

     

  • Who am I ?

    Profile

    Perform with natural gut strings

     

    Setsuko Sugita

    Setsuko Sugita studied baroque violin by Enrico Onofri since the mesmerising encounter with him in 2006 in Florence after the graduated from the music instrumental department in the Tokyo University of the Arts, and studying by Franz Samohyl in the Vienna University of Music.

    Since 2006 she started to perform in the several baroque ensemble and the orchestra in Japan also in Europe.

    She is a director and a producer of the baroque music ensemble in Japan which named Cipango Consort by Enrico Onofri.Some of which concerts were broadcasted on the TV and the Radio. And receiving a great review, the concerts were featured by many Japanese music magazines and won the prizes.

    She was awarded the prize at Japan Chamber Music Competition and the best prize in the International Music Competition La Parma d'Oro in Italy.

    Since the year 1996 until 2010, she taught the violin at Ibaragi University in Japan.

     


     

        

    東京藝術大学音楽学部(ヴァイオリン専攻)を卒業後、ウィーン国立音楽大学に留学。名誉教授フランツ・サモヒルの薫陶を受ける。1996年から2010年まで茨城大学講師。これまでに日本室内楽コンクール入選、パルマドーロ(Parma d’Oro)国際音楽コンクール(伊)最高位入賞。E・オノフリの演奏に感銘を受け、2006年以降バロック・ヴァイオリンでの演奏を中心に展開している。

    2006年から2009年にかけてポルトガル,リスボンの古楽オーケストラ、ディヴィーノ・ソスピーロの公演や録音に多数参加。以降、東京で古楽プロジェクト“Cipango Consort(チパンゴ・コンソート)”を立ち上げ、オノフリの来日公演、共演公演の企画運営も多数行い、公演の模様はNHK-BSテレビやNHK-FMでも放送され大きな反響を得た。また、CDジャーナル、モーストリークラシック、音楽の友など、多くの音楽誌上においても年間ベスト10 やベスト5のコンサートとして選出された。2008年に録音されたオノフリのソロCD「The secrets of Baroque Violin」では唯一の二重奏曲で共演し、フランスのディアパゾン誌上で賞讃されるなどした。2017年よりスイスとオーストリアにも拠点を持ち、スイス-ラ・フォリア古楽音楽祭への出演を皮切りに欧州においても演奏活動を開始。2018年4月には、ドイツでエンリコ・オノフリ率いる ”Imaginarium Ensemble”の一員としてCDレコーディングに参加。また6月には、チューリッヒ歌劇場でプレミエを迎えたミルコ・ラザール作曲のバレエ「チェンバー・マインド」、「ファウスト」、の劇中で演奏されたチェンバロとバロック・ヴァイオリンのための二重奏曲をチェンバリスト北谷直樹氏(スイス在住)との共演にてCD録音、秋にはクロアチアで開かれる音楽祭にソリストとして招かれ独奏と室内楽での公演、冬にはブリュッセルの著名なアンサンブル"イル・ガルデリーノ"の公演(ベルギーオランダ)に参加。本年3月3日に3年ぶりに日本でオノフリ主宰のイマジナリウム・アンサンブルとしての公演(音楽の友ホール)を予定。4月にベルリンで行われるイル・ガルデリーノの演奏会に再び参加を予定している。また前述のミルコ・ラザール作品のCD(チェンバロ北谷直樹、ヴァイオリン杉田せつ子)が299レーベルより3月11日にリリースされることになっている。

  • YouTube

    Take a look and enjoy!

    Enrico Onofri / Cipango Consort

    FRANCESCO GEMINIANI

    (LUCQUES 1687-1762 DUBLIN})

    LA FOLLIA

    1st. Violin Enrico Onofri

    2nd Violin Setsuko Sugita

    Enrico Onofri / Cipango Consort

    Antonio Vivaldi(Venice 1678-1741 Vienna)
    L'estro Armonico RV565

    Solo Violin Enrico Onofri

    Enrico Onofri / Cipango Consort

    Antonio Vivaldi(Venice 1678-1741 Vienna)
    Four Seasons Summer 2nd movement

    Solo Violin Enrico Onofri

  • Blog

    ・・・ Japanese ・・・

  • Concerts

    2018-2019

     

    Schedule

     

    2018-2019

    3 March/Closed Concert in Tokyo Japan (Soloist)

    10,11 March/Orchestra Libera Classica in Tokyo and Tokamachi Nigata Japan (Orchestra)

    17 March /Aka renga hall, in Yamaguchi Japan (Soloist)

    28 April/in Zurich Switzerland

    16-22 April/Recording : Imaginarium ensemble (by Enrico Onofri) in Bochum Germany (Chamber music)

    9~13/June Recording for "Chamber Minds" and "Faust" Music by Milko Lazar at Mito Sougaku Hall in Mito, Japan (Harpsichord and Violin)

    5~29 July (start at 16:30 in a every single day ) , Tales on Genji with Ebizo Ichikawa,

    at the Kabuki-Theater, in Ginza-Tokyo Japan

    26 August Closed concert , Tokyo

    23,24,25.26 September /Baroque Festival Varaždin in Croatia (Soloist)

    11 October/ Iwaki Arios in Iwaki Japan(Harpsichord and Violin)

    12 October/ Iwaki Japan(Harpsichord and Violin)

    17 October/Soprano Recital in Tokyo Japan (Chamber Music)

    November/Solo Project (Coming soon...)

    16 December/Il Gardellino in Antwerp/Belgium

    19 December/Il Gardellino in Heerlen/Netherlands

    21 December/Il Gardellino in Hasselt/Belgium

    22 December/Il Gardellino in Brugge/Belgium ( Concertgebouw Brugge)

     

     

     

     

     

  • Contact Form

    Please fill out the following form and I will respond as soon as possible.